医療法人 けやき通り歯科

トップページ
経営理念
医院案内
治療案内
訪問診療
活動報告
Kくんのコラム
アクセス
スタッフ紹介
スタッフ募集
Kくんの部屋


LINEクリエイターズマーケットにて「けやき通りのKくん」LINEスタンプ販売中!

Kくんオフィシャルサイト Kくんの部屋

かみしばい Kくんとくものおうこく 配信中!


携帯サイトはこちら

Kくんのコラム

第6回 上下歯列接触癖 Tooth Contacting Habit(TCH)

食事をしたり、飲み込んだり、話をする時、瞬間的に上下の歯が触れる。
それ以外のときは歯と歯は接触していないのが正常です。

目を閉じて、唇を閉じてみてください。
上下の歯がかんでいる、もしくは触れているところがありますか?
もしYESなら、 上下歯列接触癖 かもしれません。

軽く接触しているだけでもアゴや顔の筋肉が緊張し、筋肉の疲労や痛みが生じます。
それによって引き起こされる症状は…

  • 顎関節症、歯の慢性的な痛み、入れ歯の痛み
  • 歯周病の悪化、口内炎、舌痛症
  • 歯がすり減ったり、折れたり、かぶせが取れたりする
  • かみ合わせの違和感
  • 舌やほっぺたをかみやすい

● こんなときに歯を接触させています ●

  • 緊張するとき
  • うつむいているとき(勉強、読書、スマホ)
  • 集中する時(趣味、家事、運転)

歯が接触していると気づいたら、上半身の力を抜いて、心身のリラックスをしましょう。
口を少し開けて、深呼吸すると良いでしょう。


TOPへ戻る

Copyright © 2009 医療法人 けやき通り歯科

powered by netcreates